男性の足先の冷えも増えてきている

女性だけではなく男性も足先の冷えに悩む

 

これまで、冷え症は女性の専売特許という見られ方をしていました。

 

しかしこの数年、男性に体の悩みに関するアンケートの集計結果を見ると「肩こり」や「腰痛」などに並んで「足先の冷え」が上がるようになりました。
今や冷え症は、男性も悩む物となってしまっているようです。

 

男性が冷えを感じ、悩みの種となる年齢は大体30歳前後。

 

働き盛りの年代に何が起こっているのか調べてみました。

 

 

男女問わず、冷えの原因は血流の滞りから起こります。

 

代謝が衰えることはもちろんのこと、自律神経のバランスが崩れて冷えを招いていることが考えられます。

 

男性も自律神経に大きく左右されやすいため、冷えが足先に強く出てしまうことがあるのです。

 

 

足先の冷えに悩む男性に詳しく話を聞くと、運動不足の他、睡眠不足の傾向があることが浮き彫りとなりました。

 

また仕事やプライベートでストレスを強く感じているという方もいるようです。

 

飲酒・喫煙など嗜好品があるという回答も寄せられています。

 

 

これらの悪しき生活習慣は、体の血流を滞らせ、体の冷えを招いてしまいます。

 

食習慣では、日本人全体の傾向として、野菜食が減り肉類やファストフードが増えたことが考えられます。

 

 

体を冷やす結果を招く油脂類・糖類などを中心に食べていると、体の冷えを強くします。

 

血液の状態も悪くするため、脂肪・糖質・炭水化物の多い食事は控えましょう。

 

男性の場合、通気性が悪い革靴を終日履いていることが多く、汗をかいたままにすることで冷えを呼ぶことも十分あります。

 

また、男性は女性に比べると、基礎代謝が高いので、生活習慣を改めることで冷えを改善することができるとされています。

 

タバコや飲酒を控えること、ファストフードを控え根菜類を中心とした菜食を積極的に摂ること、浴槽にしっかり使って入浴し、睡眠時間をしっかり確保することを実践するだけです。

 

 

これだけの方法で、大抵の男性は冷えが解消されると考えられます。

 

代謝を促すために、適度なウォーキングや運動などを取り入れていくとなお良いでしょう。

 

 

ただし、食生活や生活習慣を改善してもなかなか冷えが治まらないという方も見受けられます。

 

こういった男性は、動脈硬化が進行している可能性が考えられます。

 

動脈硬化が原因で、血管が硬くなってしまい血行が悪くなっている方、血流が詰まりがちになっていることも考えられるのです。

 

 

日本人は動脈硬化を引き起こす人が欧米と比べて少ないと言われていますが、先にもふれたように欧米並みの食生活が主流となりつつあり、その確率は着実に増えています。

 

運動不足なども手伝って、血管がもろくなっている方が急増しているのです。

 

 

男性が冷えに悩むようになったら、体が発する何らかのサインがあることに気づきましょう。

 

自分の生活リズムや食生活を振りかえることや、人間ドックを受診しメディカルチェックをすることも一案です。

 

 

ここから大きな体の問題が見つかることがあります。

 

足先の冷えは、体全体の疾患を呼んでしまうこともありますので注意が必要です。

 

たかが冷えと侮ることなく、体を大事に保ちましょう。

 

 

関連記事

足先が冷える体質の人の体質改善方法

仕事中も足先の冷えが気になる人

運動で足先の冷えを解消する方法

汗を吸わない靴下では足先の冷えがおさまらない

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。