青竹踏みがお勧め

足先の冷え対策に青竹踏み

 

足先の冷えに困っているという方が増えています。
若年層から老年層まで幅広い世代に「足先の冷え」に対する悩みが広がっていますが、その中でも30代以降の足先の冷えに対する悩みはとても大きな物となっています。
様々な対策を講じても、冷えが治まらないと感じる方や、足先だけではなく体全身が冷えるという方が多いようです。

 

足先の冷えは血液循環の滞りが原因とされています。

 

 

足先は、心臓から一番遠い部位です。そのため温かい血液が届きにくいと考えられています。

 

特にふくらはぎの筋肉が血液を足先へ運び、足先から循環した血液を心臓へ押し戻す力が弱まると、この症状が顕著に現れます。

 

太ももの筋肉も衰えてしまえば足先を循環した血液を心臓へ押し返すことや、頭のてっぺんまで血流を促すことができなくなります。

 

 

そのために、体全身が冷え切ってしまうのです。

 

女性は特に筋肉量が男性と比べて少ないですし、年齢を重ねると代謝そのものが落ちてしまうため冷えを強く感じてしまいます。

 

 

足先の冷えを解消するためには、足裏をマッサージすることが良いと考えられています。

 

ただ、なかなかマッサージを施してくれるサロンへ足を運ぶことができないという方もいることでしょう。

 

足先の冷えを改善するためのマッサージはできるだけ毎日した方が良いとされています。

 

プロのリフレクソロジストの施術を受けると時間も費用もかかってしまいますので、セルフでできる健康法を取り入れていきたいものです。

 

 

ここでおすすめしたいのが「青竹踏み」です。

 

土踏まずのアーチに沿った天然素材ですので、自然と足裏のマッサージ効果が得られます。

 

青竹の上で足踏みをすることで、ウォーキング効果を得ることもできます。

 

竹には抗菌効果がありますので、青竹踏みを続けていくことで水虫の予防や、皮膚の健康を保つことができるようにもなります。

 

 

また、近くに竹林などがあれば、簡単に手に入れることができますので、費用をかけることなく足先の冷えを解消することができます。

 

青竹踏みは1回に付き、無理のない速さで5分から10分ほど足踏みを行いましょう。

 

すき間時間を使って何度も繰り返すことで、足裏から温かさを感じていきます。

 

足先の冷えも解消されることでしょう。

 

 

足踏みを行うことで、足裏のツボが刺激され体の不調がなくなっていきます。

 

ふくらはぎや太ももの筋肉が鍛えられますので、血液を送るポンプ機能も強化されていきます。

 

青竹のフィトンチット効果(香り成分による効果)で森林浴と同じくらいの力を得られます。

 

自然治癒力や免疫力も高まりますので、冷え知らずの体をつくり出すことも可能です。

 

 

もし、青竹が手に入らないという場合は、青竹踏み効果が得られるマッサージ器具をお勧めします。

 

プラスチック製の青竹踏みも販売されています。

 

100円ショップなどで購入することができますので、代用してみましょう。

 

 

竹のフィトンチット効果を得たいという場合は、花や木から抽出された精油で代用することが可能です。

 

青竹踏みを実践している時間にアロマディフューザーを使って精油の香気をかぐことも一案です。

 

 

関連記事

足先の冷え対策は足首から

ウォームグッズで足先の冷え対策

足先の冷え対策グッズ「ミーテライトロング」

足裏のマッサージは足先の冷え対策に有効

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。