足首から対策

足首から冷え対策

 

足先が強く冷えるという方、冷えから来る辛い症状をどうにか改善したいという方が増えています。
まずは自分自身の生活を振り返ってみましょう。

 

シャワー浴中心の入浴法を取っていることや、薄着など心当たりはありませんか。

 

夜更かし、朝寝坊は当たり前の生活をしていませんか。

 

偏食・間食は当たり前で生クリームたっぷりの洋菓子を多く食べるなどの生活はしていませんか。

 

ほんの少しのことなのですが、大きな体の冷えを生み出してしまう要素ばかりが並んでいます。

 

少しずつ生活改善を心がけていきましょう。

 

 

洋服を着用している場合、肌を露出したファッションをしていませんか。

 

靴も足を締めつけてしまうような物や、つま先が見えているオープントゥの靴を冬場でも履いているなど体への影響を無視してファッション重視の生活を行っていると足先を冷やしてしまいます。

 

素足にスカートを履くのはご法度です。

 

 

また、実は足首を冷やしてしまうことが足先の強い冷えを産むことがあります。

 

手首・首・足首など「首」が付く部位は体の器官の中で重要な場所です。

 

ここを冷やしてしまうと体全身の冷えを産んでしまいます。

 

 

足先を温めたい、冷え対策をしたいという場合は、足首をまず温めましょう。

 

足首をきちんと温めることで、足先を含む下半身が温まります。

 

 

どのようにしたら、足首が温まるかと悩む方もいます。

 

丈が長いソックスを履くこと、パンツスタイルに変えることなどで、足首を温めることができます。

 

オンタイムに靴下が履けないという方もいます。

 

 

こういった時は、家でゆっくりしている時間に重ね履き靴下を利用し、足先の血液循環を促します。

 

 

シルクやコットンの足を締めつけないタイプの靴下などを選びましょう。

 

レッグウォーマーなどを用いて足首からふくらはぎまでを温めていくことも一案です。

 

冷えが原因で、腰痛に発展したという方は、足首からふくらはぎにかけてカイロなどで温めると、腰痛を緩和させることができます。

 

 

足首周りには、いくつかのツボが集中しています。

 

内くるぶしの指四本上にある「三陰交(さんいんこう)」を刺激することで足先の冷えが改善されていきます。

 

指でゆっくり押すことが一番ですが、お灸でピンポイント的にツボを温めることも一案です。

 

外くるぶし周りをマッサージすることでも、足先を温めることができます。

 

 

毎日マッサージすることが大切ですが、2〜3日に1度マッサージするだけでも効果があります。

 

継続することが大切なので、できるだけ続けていきましょう。

 

 

足首を温める際には、首や手首も同時に温めていきましょう。

 

長袖を蓄要すること、えりがある衣服を着ることだけでもかなり違います。

 

寒さを感じた時には、スカーフを首に巻くなどの対策を講じると、足先を冷やすこともなくなります。

 

 

足先の冷えを改善するには、サプリメントマッサージ、あらゆる冷え対策グッズを用いていろいろ講じる必要があります。

 

 

関連記事

学生の足先の冷え対策

足先の冷え対策に青竹踏みがお勧め

足先の冷え対策グッズ「ミーテライトロング」

足先の冷え対策グッズ「冷え取り靴下」

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。