靴下のかさね履きは有効

素材に気を付けて靴下の重ね履きで冷え対策

 

足先の冷えは体全体を冷やしてしまいます。
あらゆる体調不調の原因ともなりますので、早めの対策が必要です。

 

足先の冷えを取るためにどういった対処をすればよいかわからないという方、冷え取りによいと言われる方法をいくつか試したけれど、効果がなかったという方もいます。

 

 

そういった方にお勧めしたいのが、専用の靴下による重ね履きです。

 

 

中には「重ね履きも効果がなかった」という方もいることでしょう。

 

これは、重ね履きをする靴下が悪かったのかもしれません。

 

専用の靴下がありますので、こちらを利用してみましょう。

 

 

靴下の重ね履きは、シルクとコットンの靴下を使用します。

 

始めにシルク糸でつくられた締めつけがない五本指ソックスを2足重ねて履き、シルクの指なしソックスを1枚履きます。

 

最後に、コットン100%のソックスを履くだけです。

 

靴が履きにくそうなどというイメージがありますが、この靴下は日中に履くものではなく、お風呂上りなどのオフタイムに履くものです。

 

 

お家にいるときだけ履くのでゆったりと冷え取りができることでしょう。

 

五本指ソックスが、指の間の保温の役割も果たしますので、冷え知らずの足先を作ることができます。

 

重ね履きが暑くて我慢できないという方は、足指だけに履ける「5本指つま先・かかとなしソックス」を履きましょう。

 

これに重ね履き専用ソックスを合わせることで保温性を持続することができます。

 

 

コットンやシルクでつくられた靴下がなぜ重ね履きに良いかと言えば、天然素材だからというのが第一の理由に挙げられます。

 

吸湿性に優れ、繊維が呼吸をするため、冷えの原因となる足のムレを防いでくれます。

 

シルクには毒素排出効果もあり、体の老廃物を体外へ排泄してくれる効果も期待できます。

 

 

また、五本指ソックスを履くことで、足指の間が広げられます。
 
足指の自由度が増し、足先に力を込めて歩けるようになるのです。

 

足先に力を込めて歩けるようになると、滞りがちの血流が促されます。

 

 

特に重力の関係で足先に血液やリンパ液がたまっていきますので、足先がそれらを押し上げ、循環させる役割を担います。

 

指が分かれた靴下を履くことで、水虫などの疾患を予防することもできるのでお勧めです。

 

 

重ね履き靴下は、通信販売などで購入することができます。

 

洗い替え用に何組か用意しておくとよいでしょう。

 

 

足先の冷えを取り、日中もぽかぽか足で過ごせるようにするには、靴下の素材にも気をつけましょう。

 

 

一般的な靴下は、ポリウレタンやナイロンなどの化繊を使用している物が多いのですが、化繊は足先を冷やしてしまう可能性が高いとされています。

 

コットン100%やシルク混の靴下を利用しましょう。

 

コットンやシルクのみでつくられた靴下は、長持ちしないのではと言われることがあります。

 

 

洗濯をする際にはネットに入れて洗うこと、干すときには履き口を下にして洗濯バサミで留めるなどちょっとした気遣いで長く履くことができます。

 

靴下の清潔を保つことも足先の冷え防止対策のために大切なことです。

 

おすすめ靴下通販⇒シルク専門店【シルクル】

 

 

関連記事

妊婦の足先の冷え対策

足先の冷え対策に役立つツボ

足先の冷え対策グッズ「冷え取り靴下」

足先の冷え対策と靴選び

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。