唐辛子で体は温まるか

足先の冷え対策に唐辛子

 

おばあちゃんの知恵袋として、足の冷え対策に唐辛子を使うとよいと言われています。
使い方としては、乾燥させた唐辛子を靴下の中に入れて着用するだけです。

 

ただし、この方法は乾燥させた唐辛子が靴下の中で粉々になるだけではなく、カプサイシンという唐辛子の辛み成分が皮膚につき、「暖かい」というよりも「痛い」という感覚を覚えるため実践的ではないと言われています。

 

内袋を作り、種を取った唐辛子を入れたものを用意し、靴下の中に入れておくと肌に辛み成分が触れることがありません。

 

何日間か継続して続けることで、じんわりと足先を温めていきます。

 

 

先にも触れましたが、唐辛子には「カプサイシン」という辛み成分が含まれています。

 

この成分が持つ、血流を増進させ体温を上げる働きによって体を温めてくれるのです。

 

発汗作用もありますので、老廃物の排泄効果も期待できます。

 

 

カプサイシンには、アドレナリンという脂肪分解ホルモンの分泌を促す働きもありますので、体を冷やす脂肪を蓄積させない働きも持っています。

 

昨今では、唐辛子からカプサイシンだけを取り出し、繊維に練り込むなどの加工を施した衣服なども販売されています。

 

 

靴下の中に唐辛子を入れるだけではなく、体全体を温めたいという方も少なくありません。

 

唐辛子をプラスした料理で足先の冷えを解消することも可能です。

 

唐辛子がたっぷり入った激辛料理を食べる必要はありません。

 

日本人の体は辛みに耐えうるだけの作りをしていないので、激辛料理を食べ過ぎることで逆に体を冷やす可能性も否めません。

 

 

七味唐辛子などを味噌汁の浮き身として振りかけることで、風味が上がりますし体を温める効果が増します。

 

七味唐辛子には、チンピ(柚子の皮)という体を温めてくれる和製ハーブも含まれていますので、お勧めです。

 

炒め物をする際に、フライパンに敷いたサラダ油の中に輪切りにした唐辛子をいくつか入れて熱することでカプサイシンを引き出すことができます。

 

 

香りを引き立たせるだけではなく、辛み成分も油に移すことができますので、効率よく体を温めていくことができます。

 

弱火でじっくりと香りを引き出していきましょう。

 

 

一部では「唐辛子は体を冷やす陰性の食べもの」としていることもあります。

 

唐辛子にはカリウムが含まれており、体を冷やす物だと考えられているからです。

 

唐辛子のカプサイシン効果は、一時的な代謝向上が見込めます。

 

体を冷やすマイナスの効果よりもはるかに高い、体温を上げる効果を見出すことができます。

 

 

食べ過ぎることで体を強く冷やしてしまうけれど、ほんの少しだったら体を温める効果があるということを覚えておきましょう。

 

玄米ご飯と豚肉と野菜の味噌唐辛子炒めといった、体を温める効果がある食材と一緒に唐辛子を食べることで、体を冷やしすぎることなく、カプサイシンの効果を十分に引き出すことも可能です。

 

おいしく食べて体を温めていくことができるので、唐辛子を敬遠することなく普段の食事に上手に取りこんでいけるとよいでしょう。

 

 

関連記事

足先の冷えと血流の関係

足先の冷えに繋がりやすい飲み物

足先の冷え対策グッズ「冷え対策サプリメント」

足先の冷え改善におすすめの食事

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。