足先をすぐに温めることができる足湯

即効性のある足湯対策

 

足先の冷えに一年中悩む方も多く見受けられるようになりました。
指先・足先の冷えが一番強いという場合、体の巡りの滞りが原因だと考えられます。

 

血圧が低い、貧血を指摘されたことがあるという場合、体の冷えも一緒に感じている方が多いようです。

 

貧血の改善等はもちろんのこと、全身の巡りを正常化させるために軽い運動を取り入れたり、食事から体を温めたりできる工夫を行いましょう。

 

 

先に挙げた改善方法は、長期的に生活習慣を見直し症状を改善する方法ですが、足先の冷えを今すぐにでも解消したいという場合には、足湯に浸かることをお勧めします。

 

 

足湯と言えば、温泉街で気軽に利用できる施設として設置されていることが多いですが、自宅でも簡単に足湯を楽しむことができます。

 

用意するのは、足からふくらはぎ当たりまですっぽり入れることができる、バケツやたらいと、40度前後のぬるま湯です。

 

バケツやたらいの中にぬるま湯を満たし、そこへ足を入れるだけという簡単なプロセスで足湯が完成します。

 

 

お好みで、ラベンダーやベルガモットなど鎮静効果があるエッセンシャルオイルを1〜2滴足湯に落とすとリラックスできます。

 

香りは副交感神経を刺激するので、足湯を導入して代謝の滞りを解消したいと考える方には特にお勧めです。

 

 

お湯を冷めにくくするためにバスタオルを1~2枚用意して、バケツと足を覆うようにかけるとよいでしょう。

 

この状態で15分〜20分ほど温まりましょう。

 

ポットに熱湯を用意しておくと、足湯が冷めてきた時にさし湯をすることができます。

 

やけどに注意しながらお湯を足しましょう。

 

 

足湯をより効果的な物にするためには、事前に揉みほぐしを行うことをお勧めします。

 

足の指先を軽く揉みほぐし、足裏をこぶしで刺激をすることで、足を少しずつ温めていきます。

 

ふくらはぎまでもみほぐすことで、とどこっていたリンパの流れや血流が巡りやすくなりますので、足湯の効果をすぐに得ることができるのです。

 

足湯に限らず、入浴前にも同様に足先からふくらはぎまで揉みほぐしておくと、就寝前の寝付きの悪さも解消できます。

 

 

足湯のバケツが「おしゃれじゃない」と感じる方もいるようです。

 

 

また、たらいではふくらはぎまで入らない、バケツでは窮屈だ、などの不便さを感じる方もいます。

 

美容家電には足裏マッサージ機能が付いたフットバス
が販売されています。

 

発泡スチロール製で保温効果があり、フットマッサージのプロも使用しているふた付きの足湯グッズも販売していますので、こういったものを利用すると楽しみの一つとして捉えることができるでしょう。

 

 

足湯で足を温めている時間は、お茶や読書を楽しむリラクゼーションタイムと位置付けると時間を持て余すこともありません。

 

日中のなんでもない時間を足湯タイムと称したり、就寝前の湯冷めが心配される時間に足湯をすると体全体が更に温まります。

 

体と心を落ち着かせる時間を作ることで、自律神経の乱れを整えることも可能です。

 

 

関連記事

夏でも足先が冷える人の原因と対策

運動で足先の冷えを解消する方法

足先の冷えと血流の関係

足裏のマッサージは足先の冷え対策に有効

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。