筋トレで冷えを解消

筋肉は冷えの改善に大きく影響する

 

足先の冷えを対策するための様々な防寒グッズがありますが、根本的解決には至らない対処法にしかすぎません。
効き目が期待できるサプリメントや医薬品で冷えを改善する場合には定期的に飲み続ける必要があります。

 

そのため、サプリメントや医薬品による体の中からの改善とともに実施するとより早く効果が期待できる足先の冷え改善方法に、筋肉量を増やすことをお勧めします。

 

筋肉を活性化させることで、血流量が増進し、体の隅々まで血液が行き届くようになります。

 

体の冷えに直結する蓄積された脂肪も燃焼していきますので、一石二鳥です。

 

 

筋力アップの方法として取り組みやすいのがウォーキングや階段昇降運動です。

 

漫然と歩くのではなく、太ももをしっかり上げて歩くことをお勧めします。

 

階段の昇降やウォーキングで足の筋肉量が増えていきます。

 

それだけではなく、足の動きがポンプの役割も果たしますので、冷えの原因となるむくみの撃退や血流の滞りもしっかりと改善していくのです。

 

 

ゆったりペースで歩くよりも、筋肉を作るためには有酸素運動を意識します。

 

時速4キロ以上の少し早めのペースで体を動かしていきましょう。

 

 

この他の筋力UPトレーニングとしてお勧めしたいのが、スクワット運動です。

 

スクワット運動で一番使う太ももには大きな筋肉があります。この筋肉の力を挙げることで、血流がアップします。

 

スクワットというと、体育会系の男性が四六時中行っている運動のようなイメージがありますが、運動の仕方を見直すだけで筋肉太りをすることもありません。

 

 

冷え対策のためのスクワットは、ゆっくりとした動きを意識します。

 

 

手すりなどに片手を置き、息を吐きながらゆっくりと膝を曲げ、体を沈めていきます。

 

かかとは床につけているのが理想ですが、無理であればかかとを上げた姿勢でもかまいません。

 

十分に体を沈めた後は息を吸いながら体をもとに戻していきます。

 

この運動を10回ほど繰り返してワンセットとします。

 

 

すき間時間を使って、何度もスクワット運動を行いましょう。

 

ゆっくりとした動きをすることで、呼吸を意識しながら体を動かすことができます。

 

酸素をしっかり身体に取りこむと、筋肉量がアップするだけではなく、新鮮な酸素を取り込んだ血液が身体を巡ることにもつながります。

 

筋トレ目的で体を動かす時には、酸素供給のための呼吸を常に意識しましょう。

 

 

この運動の効果をフルに引き出したい時は、補助的にサプリメントを服用することも非常に有効です。

 

体の代謝を促し、足先の冷えを改善するためのビタミンサプリは、体の骨や筋肉を作るためにも使われます。

 

ショウガやマカ、すっぽんなどの冷え症改善サプリメントの成分も、体の隅々へ届くようになりますので、改善効果が早く現れるようになります。

 

サプリメント単体で冷え改善を試みるより、明らかに良い結果を見出すことができます。

 

 

筋トレの実践は、下肢静脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの疾患がある場合は控えましょう。

 

医師の診察を仰ぎ、適宜冷えの改善を試みることをお勧めします。

 

 

関連記事

足先の冷え対策に効果的なストレッチ

生理と足先の冷えの関係

足先の冷え対策グッズ「冷え対策サプリメント」

足先の冷えと血流の関係

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。