自分の足先の冷えの原因を知って、正しい対策を

足先の冷えの原因をチェック

 

足先が強く冷えるのは体質だからと諦めている方が増えています。
体質とひとくくりにする前に、まずは足先の冷えの原因を分析することをお勧めします。
体質ではなく、生活習慣が深くかかわっているかもしれません。

 

また、病気が隠されている可能性も否めません。

 

原因を探ることで、足先の冷えを対処する術が見つかる可能性もあります。

 

 

足先の冷えの原因は数多くあります。

 

 

まず一つ目は、体を締めつけてしまう下着・衣服です。

 

冷えは血液の流れが滞っていることによって生じます。

 

ガードルやタイトなパンツなどを常時着用することで、足先までの血流が妨げられてしまうことがあります。

 

体をしめつけ過ぎない下着や衣服を着用するようにしましょう。

 

 

次に考えられるのが、自律神経の乱れです。

 

不規則な生活やストレスによって、自律神経が乱れ体温の調節機能がうまく働かなくなってしまったということが考えられます。

 

夏場の冷房による足先の冷えなども自律神経の乱れに起因します。

 

中には、家の内外との温度差に体がついていけないというのも、自律神経の乱れからきています。

 

 

女性の場合、生理などのサイクルによっても強い足先の冷えが生じることがあります。

 

これは女性ホルモンの分泌量に影響するもので、この分泌量が減退もしくは亢進するなどの変化で、血流が妨げられてしまうことがあります。

 

特に、生理前の体の不調と緊張から冷えを呼んでしまうことがあります。

 

 

これらの原因は、生活習慣を改めることでかなり緩和することができますが、中には病気が原因で足先の冷えが生じている場合があります。

 

糖尿病で末梢神経が傷ついている場合、神経障害を足の冷えと認識してしまうことがあります。

 

 

また、動脈硬化が進行して冷えを感じている場合もあります。

 

閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤などの血管の病気が冷えをまねいていることがあるのです。

 

 

このほかには、難病のバージャー病やレイノー病などの影響で強い冷えを生じていることが考えられます。

 

病気で生じる冷えは「足先の指1本だけ冷たい」「白く変化したり赤く変化したり、冷えと色の変化がめまぐるしい」など、いつもとは感じが違う冷えを実感する方が殆どです。

 

 

糖尿病の既往症を持っている方、冷えだけではなく他の体の不調も重なっている方は、真っ先に医師に相談をされることをお勧めします。

 

糖尿病の方は足先の冷えをそのままにしておくと、糖尿病性壊疽などの障害に至ります。

 

 

このように間接的に様々な原因があり、直接的には血液の流れが足先へ十分行き渡らなくなってしまうことが原因で冷えが発生しているパターンがほとんどです。

 

 

足先の冷えを根本から改善したいという場合、まず実践したいのが食事改善と安定した睡眠リズムを取り戻すことです。

 

1日3度の食事を必ず取ることを優先していきます。

 

塩分を控えた和食メインの食事に切り替え、間食は控えます。

 

 

睡眠時間は5時間以上確保できるよう、生活を改めていきましょう。

 

睡眠時間中にも代謝が行われており、体内の血液循環をトリートメントすることができるからです。

 

 

またストレスを緩和すること、自律神経を整えるためには睡眠時間を確保することがとても大切になります。

 

これらのことを踏まえて、足先の冷えを改善していきましょう。

 

 

関連記事

足先が冷えて眠れない人

足先の冷え改善におすすめの食事

足先の冷えと血流の関係

足先の冷え解消におすすめの靴下

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。