ブーツからくるムレ

ブーツによってムレて足先の冷えに繋がる

 

秋冬のおしゃれと言えば、ブーツです。
秋の早い時期から、足元を温かく見せるためのブーツ選びをされている方、着用されている方が増えてきます。
足元を温かく見せるブーツなのですが、実は足先が冷えてどうしようもないと感じている方は多いのです。

 

ブーツは、体の冷えを防ぐと言われる足首まですっぽり覆う物、ふくらはぎまで履きこむことができるものなどデザイン的に暖かそうなイメージがあります。

 

デザイン性を重視するあまり、ソール(底)が薄いというような機能面が劣ってしまうこともあるようです。

 

ソールが薄ければ、冬場の底冷えが足にダイレクトに伝わり足先を冷やしてしまいます。

 

厚手のインソール(中敷き)などを入れて、外気と足の間にワンクッション置くことで足の冷えを解決できることがあります。

 

 

この他に考えられるのが、「足のムレ」です。

 

ブーツは牛革などの皮革を使ったものが大半です。

 

風雪から足をまもる目的でつくられた履き物ですので、通気性が悪い場合が考えられます。

 

足のムレが靴の外へ逃げることができない場合、靴の中で湿気がこもってしまいます。

 

この湿気が足を冷やすのです。

 

 

ブーツは皮革製品でもあり雑菌の温床にもなるため、同時に足のニオイも湧いてしまいます。

 

湿気をこもらせないために、適度に靴を脱ぎ足の湿気を開放しましょう。

 

靴下をこまめに履きかえるだけでも効果があります。

 

帰宅後は、除湿効果があるシューズキーパーなどをブーツの中に入れて、足のムレの原因となる湿度を下げる工夫を行いましょう。

 

 

最後に考えられるのが「ブーツによる締めつけ」です。

 

ブーツには美脚効果もあります。

 

足を細く見せる、長く見せるデザインのブーツが多数あり、おしゃれに履きこなす方も多く見受けられます。

 

靴ひもで編みあげる、ジッパーで靴と足をしっかり固定させるような靴の履き方をしている方は要注意です。

 

 

特にロングブーツユーザーに当てはまることなのですが、ふくらはぎを締めつけてしまうことで、足先への血流を妨げてしまう可能性が生じます。

 

夕方になるとむくみでブーツが履けなくなってしまう方は、締めつけによる足先の冷えが疑われます。

 

ブーツによって足首の動きが制限され、ふくらはぎの締めつけがあると血流が妨げられているのです。

 

 

また、足の自由が奪われることで歩きにくくなり、血液ポンプ機能を持つ足の筋肉が上手に使えない状態になります。

 

 

そのため足先への血液の循環が悪くなり冷えてしまうのです。

 

ヒールが高いロングブーツは、特に強い足の冷えが予想されます。

 

長時間ロングブーツを履かないこと、長距離を歩くことが予想される場合は、ロングブーツはご法度と覚えておくとよいでしょう。

 

 

足先の冷えが強いという場合、靴用のカイロを使うことも一案です。

 

足先にちょうどフィットする大きさにつくられているので、朝夕の通勤・通学時間にちょうど良く使えます。

 

先にも触れましたが、ブーツを履いた後のメンテナンスをしっかり行ない、清潔に保つことで足を冷やさない靴の状態に導くことも可能です。

 

ブーツの湿気取りなどは必須項目としましょう。

 

 

関連記事

バイクに乗っていて足先が冷える人の対策

妊婦の足先の冷え対策

足先の冷えにカイロは効くか

足先の冷え対策グッズ「冷え取り靴下」

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。