血流が悪いと冷える

足先の血流は悪くなりやすい

 

足先の冷えがとても気になるという方も少なくありません。
足先が冷えていると、私たちの体の血流はどうなっているのでしょうか。

血液は私たちの体に新鮮な酸素を運び、老廃物を受け取って循環しています。

 

体温調節の役目も担っており、体を温かく保つ働きも行っています。

 

 

何らかの影響で血流が鈍ってしまうと、末端まで新鮮な血液を届けることが難しくなっていきます。

 

そのため、温かい血液がしっかり行き届かず足先が冷たくなってしまうのです。

 

 

体内を流れる血液は、およそ7割が下半身に集中しています。

 

これは重力の影響で下半身に血液が集中していると考えましょう。

 

血流が鈍くなると、上半身を含む体全身を巡る血流量も少なくなります。

 

 

このため、頭痛を感じたり肩が痛くなったりなど、血流不足による弊害を生じてしまうのです。

 

手指が冷えると言った症状もこのことが原因となっています。

 

この状態を放っておくと、動悸や息切れなどの症状も起こってしまいます。

 

足先の冷えだけではなく、体全身が冷えているという方は、特に注意しましょう。

 

 

足先が冷たくてどうしようもない、血流不足を解消していきたいという方は、できるだけ早く体質改善に励みましょう。

 

体の血流不足を解消し、足先の冷えを解消したいという場合は、太ももとふくらはぎの筋肉量を上げていくことが大切です。

 

太ももの筋肉が体全身の血流を上げる働きを行います。

 

ふくらはぎの筋肉が足先へしっかりと血液を送りだし、体のてっぺんまで血液を押し上げる力も上がりますので、意識してふくらはぎ・太ももの筋力を上げるための工夫を行いましょう。

 

 

血流を上げ、足先の冷えを解消するには、とにかく歩くこと・階段を上ること・自転車を漕ぐことなど足を使う運動を行います。

 

階段の上り下りや自転車をこぐ運動は、太ももの筋肉をしっかり使いますので、血流アップにはお勧めです。

 

 

運動器具を購入することもありませんし、日常生活のちょっとの工夫で体を鍛えられるメリットもあります。

 

運動を行う時には、腹式呼吸も是非取り入れましょう。

 

新鮮な酸素を体いっぱいに取りこむことで温かい血液を体全体に送りだすことができ、足先の冷えも早い段階で解消できます。

 

 

運動も適度に取り入れているのに、なかなか足の冷えが改善されないという場合は、足首を温めることを意識します。

 

足首からふくらはぎまでをすっぽり覆うレッグウォーマーを着用するだけでも、効果があります。

 

冬の時期には日常的にレッグウォーマーを着用していると、足先の冷えを緩和することが可能です。

 

 

このほかには、サプリメントを併用することも一案です。

 

ショウガやマカ、すっぽんエキスなど、血流増進を狙った栄養成分が含まれているサプリメントを常飲することで、体の巡りが高まっていきます。

 

健康補助食品ですので、即効性はありませんが、冷えに伴う「どことなく不調」という症状を持っている方には特にお勧めです。

 

生活習慣を見直し、バランスがとれた食事と質の良い睡眠を確保することも、足先や体の冷えを改善するために必要です。

 

 

関連記事

生理と足先の冷えの関係

足先の冷え対策に唐辛子は効果があるか

足先の冷え対策グッズ「冷え対策サプリメント」

足先の冷え対策グッズ「ミーテライトロング」

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。