バイクと足先の冷え

バイクに乗るときに足先が冷える人の対策

 

連休や余暇を使ってバイクツーリングをされる方が増えています。
鉄馬と呼ばれ愛されるバイクに魅了されている方も多いのではないでしょうか。
自転車代わりにスクーターを運転される方も多く、バイクを生活の移動手段として使っている方も急増中です。
その中で、バイクに乗っていると足先が冷えると悩む方もいらっしゃいます。

 

バイクに乗る場合は、ライダースシューズやライディングブーツなどと呼ばれる革製のがっしりした靴を履くことが多いようです。

 

革製の靴は寒さをしのぐための工夫や、バイク乗車中ケガを防止するための工夫がなされていますが、冷えを呼ぶ要素が揃っています。

 

 

革靴は通気性が悪く、足の中でムレが生じてしまいます。

 

湿気がこもって冷えた時に足の熱も奪ってしまうために足先が冷えてしまうのです。

 

バイクは足でギアチェンジも行いますので、足を痛めない工夫がブーツになされています。

 

そのため、より通気性が悪くなり、足の冷えを憎悪させてしまうのです。

 

 

足先を冷やさないための工夫としては、適宜休息を取っている時に靴から足を開放させてムレを落ちつかせる方法があります。

 

替えの靴下を何足か用意しておき、都度履き替えるとよいでしょう。

 

 

冷え対策用の厚手の靴下は、足を温かく保ちますのでお勧めです。

 

ライディングブーツを履かない場合は、足に冷気が当たるため、冷えを呼んでしまうことがあります。

 

雨風から足を守るフットカバーと呼ばれる物や、シフトギアのチェンジから大事な靴や足を保護するために、靴にかぶせるブーツガードというような品物を使用すると、保温性を高めることができます。

こちらの場合も、ムレの問題は避けることができないので、適宜靴を脱いで足を開放させましょう。

 

 

バイクを運転する場合、自動車と同じ速度で走る衝撃を体いっぱいに受けています。

 

体感温度も下がってくると言えます。

 

 

気温15度の道路を時速60キロで走っているときの体感温度は氷点下1.3度です。

 

春先のうららかな日のツーリングでも、真冬の雪道を歩いている時以上に寒さと冷えを感じているのです。

 

薄着でバイクに乗ることは、足先の冷えだけではなく、低体温症の原因となってしまうので気をつけましょう。

 

 

バイクを運転している際に、足先を冷やさないための工夫があります。

 

それは、首・手首・足首と手足を露出しないことです。

 

今挙げた部位が露出しているだけで体感温度はぐんと下がります。

 

 

特に首が露出しやすくなりますので、マフラーやスカーフなどで首を厳重に保温しましょう。

 

えりがあるジャケットを着用する際には、えりを立てておくとより防寒性が増します。

 

 

手や足の防寒には、ライダースグローブやブーツなどを身につけることも一案です。

 

厚着をしても良いというわけではなく、動きにくければバイクの操作性が悪くなり、思わぬ事故につながります。

 

ラムやセーム等薄くても防寒性能が高い物、体にフィットし動きやすい物を選ぶようにしましょう。

 

 

おすすめ靴下通販⇒シルク専門店【シルクル】

 

 

関連記事

自転車に乗っていて足先が冷える人の対策

足先の冷えとブーツ

足先の冷え対策にお勧めの5本指ソックス

足先の冷え対策グッズ「冷え取り靴下」

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。