足先の冷えを解消したい人に冷え取り靴下

足先の冷え対策靴下ランキング

冷え取り靴下リンマー

2万足以上を売り上げている実績のある3枚重ね履きの冷え取り靴下です。

 

素材に野蚕(やさん)シルクという、通常のシルクよりも保湿性、法湿性、防臭性等に優れた特徴がある物を使っています。

 

冷え対策のために徹底したこだわりの設計を持って作られており、保温性はもちろん、重ね履きをしても足首を締め付けないこと、足汗で逆に足を冷やさない放湿性、抗菌と消臭効果等、様々な面で普通の靴下よりも優れています。

 

靴下には珍しい30日間の返金保証制度もあるので、購入を迷っている人でもまずは試しに使ってみることができます。

 

 

シルク&コットン 4足重ね履きセット

4足重ねるタイプの冷え取り靴下です。

 

シルクも綿も優れた天然素材を使っており、蒸れはほとんどありません。

 

重ねる数がかなり多いのでとにかく足先を温かくしたい人にはおすすめですが、さすがに厚手になってしまうので、動きにくさを感じることもあるかもしれません。

 

シルク&ウール 4足重ね履きセット

 

シルクとコットンの人気商品の2枚目と3枚目を羊毛に変更したダブルウールの冷え取り靴下です。

 

2枚のウールソックスを重ねることで、さらに保温性能をアップしています。

 

お値段はシルクとコットンのほうよりも若干あがりますが、より温かさを求めるのであればこちらのほうをおすすめします。

 

シルクの5本指つま先フットカバー

5本指タイプのハーフソックスです。

 

肌に当たる部分は全てシルク素材で作られています。

 

通常の靴下だけでなく、ストッキング等でも重ね履きすることができ、そこまでの厚みを出さないので、1足持っていると非常に便利なアイテムです。

 

 

おすすめサイト紹介

リンマー

 

冷え取りソックスのリンマーは、シルクの中でも、希少性の高い野蚕やさんから採れるシルクを使った重ね履き靴下です。

 

高品質のシルクを使っているだけあって冷え対策としての機能は靴下の中ではトップクラスに多く、保温、吸放湿、抗菌・防臭、肌触り、紫外線カット、静電気防止の機能を備えています。

 

実際に使用してみると、足先の冷えがほとんど気にならなくなり、むくみもなくなりました。

 

足の蒸れも問題ありません。

 

機能面で言えば文句なしなのですが、あえて欲を言うならもっとカラーバリエーションが欲しいところでしょうか。

 

色がブラックしかないので、もう少しカラーバリエーションを増やして、ファッションとしても充02
実させてもらいたいところです。

 

 

また、冷え対策グッズには非常に珍しい、返金保証制度もついています。

 

効果にかなりの自信を持っているということなのでしょう。

 

 

値段も高くなく、返金保証もあるので、普通の靴下を履いても冷えが気になってしまう人や冷え取り靴下を探していた人には、その違いをぜひ体験していただきたい靴下となっています。

 

 

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。