漢方で足先の冷えが改善されることも

漢方は自分の体質にあったものを使うこと

 

足の強い冷えに悩む方が増えています。
様々な冷え解消グッズが販売されていますが、対症療法にすぎません。
冬場だけではなく夏場など一年中を通して足先の冷えを感じている人は、できれば根本的な解消を図りたいと考えることでしょう。

 

冷えの根本的解決法として、足先のマッサージやストレッチなどが有益ですが、体質改善を図ることが一番の近道だとされています。

 

冷えは血流や代謝の滞りが一番の原因ですので、それを改善するための医薬品などを利用することをお勧めします。

 

 

ただ、冷えを改善するための医薬品は長期間続けることが難しいと考えますし、若い世代の方だと「お薬を飲むこと」に躊躇してしまうことも考えられます。
それほど冷えは「病気」だと認識されていないことも指摘されています。

 

また、医薬品は高価であること、ビタミン製剤であることが多いので、効果に疑いを持ってしまう方もいるようです。

 

 

そのため、それらを使用したくない人が冷えを改善するために、漢方薬をお勧めします。

 

漢方薬は古来の薬草を組み合わせて作られたもので、医薬品とは多少異なります。

 

症状を緩和させるまでの時間は少々かかってしまいますが、穏やかな効果を引き出すことが可能です。

 

 

一般的な医薬品とは異なり、植物や動物から抽出したエキスを使用していますので体にも優しく、持病の医薬品と同時に服用しても構わないとされています。

 

ただし、漢方薬には医療用成分として使われているものもありますので、医薬品と併用する際には薬剤師や医師に相談をしましょう。

 

 

足先の冷えの改善にお勧めしたい漢方薬は、加味逍遙散(かみしょうようさん)や、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などです。

 

いずれも婦人薬としてお勧めされている漢方薬ですが、体の冷えにも適応しています。

 

 

この他にも、足先の冷えに効果がある漢方薬があります。

 

漢方薬は、冷えを治したい方の体質や体型などに応じて処方されます。

 

冷えの症状の他に、むくみや貧血の有無、婦人科の悩みがあるなどそのほかの症状も照らし合わせて、その方にあった漢方薬を処方していきます。

 

「冷えの症状」とひとくくりにされがちな症状ですが、原因は人それぞれ異なりますので、それに応じた漢方薬が必要になるのです。

 

 

漢方薬は、漢方薬局で購入することができます。漢方薬剤師に相談をすることで体質に合わせた処方をしてもらうことが可能です。

 

漢方薬局で購入する漢方薬を服用するのが、一番効果を実感できる方法ですが、高価であることがデメリットとしてあげられます。

 

 

またドラッグストアでは、医薬品会社が製造する粒タイプや粉タイプなど飲みやすく作られた漢方薬を購入することが可能です。

 

漢方外来がある病院でも、冷えに関する相談をすることで医療用漢方薬の処方を受けることができます。

 

病院で処方される医療用漢方薬は、健康保険が適用されます。

 

 

少しでも医療費を節約したいと考える方にお勧めできますし、日本人が飲みやすい形状につくられているので、飲めなくて途中で治療をやめてしまったということもありません。

 

 

関連記事

足先の冷え対策にカイロは効くか

片足だけが冷える場合の原因と対策

足先の冷えとむくみの対策をしよう

足先の冷え対策グッズ「冷え対策サプリメント」

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。