体を冷やす飲み物

冷え性になりやすい飲み物に注意

 

足先の冷えが気になっている方のほとんどは、漠然とでも体を冷やす飲み物があることを知っていることでしょう。
「冷たい飲み物は体を冷やす」程度であれば誰もが分かっていることでしょう。
「どんな飲み物が身体を冷やすのか分からない」「足先の冷えにつながる飲み物なんて考えたことがない」というような考えを持っている方が多いようです。

 

まずは、体を温めるものかどうか見分ける方法を紹介します。

 

白など、色が薄い飲み物は体を冷やします。

 

白ワインや牛乳、豆乳等は体を冷やすと考えられています。

 

 

また、暑い地域で収穫される実を使った飲み物は体を冷やします。

 

 

南国系のフルーツミックスジュース等は良い例です。

 

発酵していない飲み物も体を冷やします。

 

緑茶やコーヒー等は発酵させていないので体を冷やしますが、紅茶やウーロン茶、プーアル茶等は発酵させているので体を温める効果があるのです。

 

コーヒー豆は、赤道直下のブラジルなどが主な収穫地なので「色が濃くても体を冷やす飲み物」ととらえましょう。

 

 

体を冷やす成分として「カフェイン」が注目されます。

 

紅茶などにもカフェインが含まれていますが、発酵させた茶葉を使用しているため、むしろ体を温めてくれます。

 

飲み過ぎに注意することで、足先の冷えを呼ぶことはありません。

 

 

また、砂糖がたっぷり入った清涼飲料水や、ウィスキーなどのアルコール類は冷えを強めてしまうので避けましょう。

 

体の冷えを避けるために、これらの飲み物を避け、体を温める効果がある飲み物を飲むことで冷え知らずの体をつくることができます。

 

 

体を温める飲み物としてお勧めしたいのが、サングリアやチャイティーです。

 

サングリアは赤ワインにハーブやスパイス、かんきつ類を入れ温めたホットドリンクです。

 

パーティーなどでふるまわれることがありますし、冬の夜に最適な大人の飲み物として、日本でも注目されるようになりました。

 

 

チャイティーは紅茶にスパイスやミルクを入れ一緒に煮だした飲み物です。

 

シナモンやナツメグなどのスパイス効果で体の芯から温めてくれます。

 

 

このほかには、乾燥ショウガを紅茶に浸した「ショウガ紅茶」や「黒豆茶」などもお勧めです。

 

好みや時間帯に応じて、適宜工夫して飲むようにしましょう。

 

 

体の温める効果がある飲み物は、その飲み方によって、体を更に温める工夫をすることができます。

 

 

起床時に温かい物を飲むと、体を瞬時に温め一日を活発に過ごせるようになります。

 

お風呂に入る前に飲むことで発汗作用を促し、体を冷やす原因となる老廃物の排泄を促します。

 

就寝前に飲むと、体を温かく保ちますので、寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるようになります。

 

 

またお風呂でしっかりと温まった後に、体を温める飲み物を飲むことで、足先が冷えて眠れないということも少なくなります。

 

 

飲み物の中に含まれた水分が、老廃物の排泄を促してくれることもポイントです。

 

温かい飲み物が身体の内側から代謝を促してくれますので、体の巡りが滞りがちな方でも何らかの効果を見出すことができますから、毎日コップ3〜5杯程度を目安に飲むようにしましょう。

 

 

関連記事

足先の冷え対策に唐辛子は効果があるか

足先の冷えはふくらはぎを温めるほうが重要

足先の冷え対策グッズ「冷え対策サプリメント」

足先が冷えて眠れない人

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。