締め付けがきつくない靴下を選ぼう

ただ温めるだけの靴下ではだめ

 

夏場でも辛い足先の冷えに悩む方は続出しています。
健康を保つならば「はだしでいることが良い」と言われているのですが、夏場でも靴下が手放せないという方もいらっしゃるようです。

 

足先の冷えの解消に良い、靴下のお勧め品について質問が寄せられることがあります。

 

綿100%の靴下や、シルク100%の靴下等は、吸湿性が高く保温性にも優れていますのでお勧めです。

 

特に有機栽培が認められたオーガニックコットン100%の靴下は、締めつけすぎることもないため、衣服の締め付けで肌がかゆくなってしまう方にもお勧めです。

 

洗いやすい・清潔を保ちやすいというメリットがありますので、長く履き続けることができます。

 

 

シルクの靴下は、サラサラしていて履き心地が良いのが特徴です。

 

夏の汗ムレや、冬の底冷えから足を守ってくれる効果がありますし、水虫菌などを寄せ付けない抗菌作用もあります。

 

肌の皮脂バランスを適度に保つ効果があり、かかとのカサカサを防ぐ嬉しいメリットもあります。

 

黄変しやすい・毛羽立ちやすいなどのデメリットはありますが、お手入れ次第で長く愛用できる靴下にもなります。

 

 

綿・シルクは動植物からつくられた天然素材でもありますので、私たちの体の冷えをしっかり防いでくれる働きを持っています。

 

 

これらの素材で作られた靴下は薄手のものが多いのですが、重ね履きをして保温性を高めることができます。

 

お風呂上りから就寝時間までの湯冷めが心配される時間に靴下の重ね履きをすることで、就寝時の足の冷えから体を守ることができるのです。

 

絹や綿には湿度コントロールの機能が付いているので、お風呂上りの蒸れやすい足でも冷やすことはありません。

 

 

昨今では、インナー靴下などと呼ばれる「靴下の下に履く靴下」も注目されています。

 

足先だけを保温する目的でつくられた靴下で、フットカバーのような形の他、つま先だけをカバーするタイプの物など多岐にわたります。

 

 

このインナー靴下を履いてから、普段の靴下を履くことで、足先が温まり、一日中冷えを感じずに過ごせます。

 

インナー靴下は、低価格で購入できますので洗い替え用に何枚か用意しておくと一年中重宝することでしょう。

 

冷えを防止するだけではなく、ムレによる足のにおいや水虫予防にも役立ちます。

 

 

このような冷え対策におすすめの靴下は、一般的なスーパー・デパートよりも靴下専門店で多く取り扱っています。

 

靴下専門店では、自分の好みの色合いの靴下を見つけることができます。

 

毎日のコーディネートにこだわりたいという方でも、楽しんで靴下を買いそろえることができるでしょう。

 

 

また、冷えを防止してくれる靴下を専門に取り扱っている通販ショップなども存在していますので、まとめ買いをしたい、家族の分をそろえたいという場合には利用することも一案です。

 

レディースの商品が主流ですが、男性の足の冷えも、このところクローズアップされるようになりました。

 

メンズの靴下を大きく取り扱っているお店もありますので足先の冷えに悩んでいる男性は試してみると良いでしょう。

 

 

⇒おすすめ靴下紹介ページ

 

 

関連記事

汗を吸わない靴下では足先の冷えがおさまらない

夏でも足先が冷える人の原因と対策

足先の冷え対策グッズ「冷え取り靴下」

足先の冷え対策に靴下のかさね履きは有効

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。