生理と足先の冷えには関係がある

女性ならではの足先の冷えの原因

 

足先が氷のように冷たくなるという女性が増えています。
女性だから仕方がないとあきらめている方も多く見受けられます。
足の冷えと女性特有の生理には何らかの関係があると漠然と感じているけれど対処法が分からないなど、八方ふさがりになってあきらめてしまうようです。

体が冷えてしまうと、子宮などの生殖器も冷えてしまいます。

 

血液の循環が悪い状態になってしまうので、強い生理痛や、体の強い冷えをもたらしてしまうのです。

 

 

また、生理時の出血をネガティブなものと捉えている方も少なくありません。

 

生理中の出血の手当てに対するマイナスなイメージなどが緊張感を生み、ストレスに変えてしまっていることも「冷え」に直結しています。

 

緊張やストレスは体の血流を妨げ、冷えとなって足先や体全体を襲います。

 

「生理が来ることへの緊張・ひどい生理痛と体の辛さ・出血に対する憂鬱感」という、毎月のサイクルが出来上がってしまいます。

 

悪循環が続くことで、さらなる冷えを呼んでしまいます。

 

 

これが続くことで、足先だけだった冷えが、生殖器全体の冷えに変わってしまい女性ホルモンの分泌が乱れてしまうこともあります。

 

生理不順や不妊症の原因の一つとしても挙げられますので、生理中の足先の冷えはできるだけ早く対処する必要があるのです。

 

 

生理前後に起こる足先の冷えを改善する方法として、お勧めしたいのが「生理と仲良くなること」です。

 

生理をポジティブにとらえることで、緊張感から来る冷えを改善することができます。

 

 

基礎体温をつけることや生理周期を把握するだけでも、生理に対する心構えができてきます。

 

体調に関するメモを基礎体温表に記載していくことで、だんだんと生理周期と冷えの関係が見えてきます。

 

 

体の冷えの理由が「生理だから」などと関連付けられるようになると、カイロを冷えている部分に当てるなど何らかの対処が取れるようになります。

 

生理痛が和らぎ、冷えそのものが解決することもあります。

 

 

生理が始まる近くになると、胸や下腹部が張ってしまう方も見受けられます。

 

ガードルやニッパーなど補正下着を無理に着用することで、血液の滞りが起こり、足先の冷えを呼んでしまうこともあります。

 

排卵期を過ぎたら、補正下着や体の線を強調する洋服を着用することを避け、ゆったりとした衣服に変えて過ごすことも冷えを避ける一つの行動です。

 

 

生理が近くなり、体の冷えを感じるようになったら、足湯につかることをお勧めします。
たらいに40度前後のお湯を張って、足首までしっかり温めます。

 

ラベンダーやローズウォーター等自分が大好きな香りの精油をおとしてアロマテラビーでリラックスしながら、温まると、冷えから来る生理痛も治まっていきます。

 

 

生理不順で悩む方も徐々に生理周期が整っていくことも期待できます。

 

体の曲げ伸ばしを行う軽いストレッチをして、体に酸素を取り込むこと、意図的にウォーキングをすることも冷えを改善する方法の一つです。

 

生理だからと引きこもりがちになっている方こそ、外へ出てポジティブに過ごしていくことで体の調子を整えることができます。

 

 

関連記事

足先の冷え対策に効果的な筋トレ

足先の冷えと血流の関係

足先の冷え対策に良いエッセンシャルオイル

ウォームグッズで足先の冷え対策

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。