職場での辛い足先の冷え

仕事も手に着かない足先の冷え

 

仕事中も足先の冷えが気になる人が増えています。
デスクワークを中心に仕事をしていると、暖房が効いているオンタイムでも足先の冷えが気になることがあるようです。
一日中椅子に座ったままの態勢で仕事を行っていると、血流が滞ってしまいどうしても足元が冷えてしまいます。
同時にリンパの流れも滞り、足のむくみにも発展してしまいます。
足先の冷えが気になり始めると、仕事に集中できないなどの弊害が生じますので、早めの対処が必要です。

 

仕事中の足先の冷えを解消するためには、履き物を変えることをお勧めします。

 

通気性が悪いパンプスや革のビジネスシューズを履き続けていると、足が蒸れてしまい、足先の熱を奪ってしまいます。

 

 

デスクワークの時間帯だけは、通気性をよくするために、靴下とスニーカーの組み合わせをすることの他、ムレを解消するためサンダルなどに履き替えるのも良いでしょう。

 

ただし、外気によっても足が冷えるという場合は、サンダル履きはご法度です。

 

 

社内の就業規則でカジュアルな靴が履けないという場合は、靴を10分ほど脱いで通気をすることも一案です。

 

会社の制服の都合で足元が冷えるという場合は、スカーフやストールなどを使った膝掛けで保温しましょう。

 

カーディガンなどを一着職場に常備しておくと、空調の温度が気になるときなどに羽織ったり、膝に掛けたりできるので安心です。

 

 

保温や防寒をしてもなかなか足先の冷えが治まらない時があります。

 

こういった時は適度な運動を取り入れていきましょう。

 

職場の階段を、積極的に上り下りすることで全身に血液が巡るようになります。

 

血液循環が促されると、足先の末梢血管にも血液が届くようになり暖かさが戻ります。

 

階段昇降を行うことで、足の冷えがわずかでも治まりますし、気分転換にもつながりますので、積極的に階段を使うようにしましょう。

 

 

会社の床はコンクリート張りというところもあります。

 

こういったところでは、保温や防寒を行っても、底冷えしてしまいます。

 

会社のデスク下に設置できるパネルヒーターなどを設置することも一案です。

 

 

私用でヒーターを導入することの是非が問われる場合がありますが、今では省電力設計がなされている商品も数多く販売されています。

 

会社経費を大きく損なうことなく仕事に集中できるようになりますので検討してみましょう。

 

 

また、自宅で勤務時間内の足先の冷えを解消する方法もあります。

 

お風呂の中で、足指の曲げ伸ばし運動を行うことや、フットマッサージなど足全体を揉みほぐす方法です。

 

血行を促すことができますし、リンパの滞りも解消することができます。

 

ふくらはぎはもちろん、膝の裏側にあるリンパ節まで優しく揉みほぐしていきましょう。

 

 

このほかには、冷えを改善する効果がある漢方薬サプリメントを服用することも一案です。

 

漢方薬は煎じたものを職場でも常飲できるようマイボトルを用意しておくと、仕事中でも手軽に飲めるでしょう。

 

体全体をしっかりと温めることができます。

 

 

関連記事

男性も悩む足先の冷え

冷房が効きすぎのオフィスでの足先の冷え対策

足先の冷え対策に効果的なサプリメント

足先の冷えに漢方を使おう

 

足先の冷えを改善する3つの手法

冷えの症状が軽度でちょっと冷えが気になる程度の人

 

外出時等のちょっと寒い場所へ行ったときに冷えが多少気になる程度の人は、靴下を変えてみることをおすすめします。

 

普段履いている一般的な靴下に比べ、冷え対策用の靴下を着用すると見違えるほど暖かくなります。

 

足先の冷えの症状が比較的軽度の人はまずはこれらのグッズから対策をスタートして様子を見ましょう。

 

 

冷えの症状が中度で冷えが気になって夜眠れない人

 

足を布団ですっぽり覆っているのにも関わらず足先が冷えてしまい、気になって眠れない中度の冷え症状の人は、ふくらはぎのインソールを使ってみましょう。

 

冷えにとっても睡眠は非常に大切で、睡眠不足で体が不調になってくると、自律神経の乱れ等から冷えがさらに悪化する可能性があります。

 

靴下を履いて寝る程度では解決できないことも多く、靴下を履いていると寝心地が悪くなったり途中で寝ている間に脱いでしまうこともあるのであまり有効ではありません。

 

ふくらはぎを温めると、その先にある足先までの血行をかなり改善することができるので、靴下を履くよりもより効果的で、寝心地も良い状態で冷えを取ることができます。

 

 

 

冷えの症状が重度で外出中、仕事中等の日常生活で冷えに悩んでいる人

 

自宅にいる時、外出時、職場等の日常生活の様々な場面において足先の冷えが気になる重度の冷え症状の人は、体の中から根本的に治していく必要があります。

 

むしろ、これほど強い冷えの症状がある場合は、靴下やインソールで外から保温する程度では冷えが解消しないことがほとんどでしょう。

 

冷え対策用のサプリメントで体の栄養面や自律神経の乱れからしっかりと整えていきましょう。

 

靴下やレッグウォーマー等の足先の冷え対策グッズにいつまでも頼っていたくない方は、体の中から冷え対策をしましょう。